壊れた塀瓦の復元 修理

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://www.taniike.com/wp-content/uploads/2021/03/1.2.jpg” user_name=””]こんにちは、塀瓦の谷池です。今回、お客様から壊れた瓦と同じものを作ってくださいというご依頼を受けました。[/speech_balloon_left1]

目次

 壊れた塀瓦

何かでぶつけて瓦を壊されたようで、この瓦をなんとか同じように復元してほしいという事で同じように作り直す事になりました。住まいを長い間飾ってきた大事な瓦です。塀も住まいの一部で欠かすことのできないものですよね。


[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://www.taniike.com/wp-content/uploads/2021/03/7-1.jpg” user_name=””]瓦は、全国各地で様々な形状があるため全く同じものというのはなかなかありません。[/speech_balloon_right1]

この瓦は、塀の一番端に使われる瓦で「トメ」の部分が付いています。
とても特徴的な形をしています。
よく似た形でも微妙に違ったりしますので、重なり部分が合わない事がよくあります。
逆に言えば、各地域ごとに様々な種類の瓦があるのはとても面白いです。

想い出を復元

この瓦は、弊社では「垂れ紐付きのし丸」という名前の瓦ですが、厚みや紐という重なりの突起部分のアールが
違い
復元するとなると、この形状の型枠を作り1からの製作となります。
住まいを長年守り続けた瓦には、思い出や愛着が湧いてきます。
お客様の大事な塀瓦の製作開始です。
[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://www.taniike.com/wp-content/uploads/2021/03/2-3.jpg” user_name=””]お客様の想い出を復元します![/speech_balloon_left1]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる