新商品 薄紐のし

これは、新商品の薄紐のしです。

以前、深谷地区屋根工事組合さんとの交流会の時に
「こんな瓦があったらいい」と、薄紐のしの事を聞かせてもらいました。

薄紐のしって…はじめて聞くこの言葉が凄く心に残っていました。
「紐のし屋と名乗る以上、避けては通れない!!」
「どんな屋根になるか見てみたい!!」

こんな想いで制作する事にしました。

これがその白地です。

右側が、普通の紐のしで、左側が薄紐のしです。
スッキリとスリムな体でしょ

プレスしてまだ日があさく完全には、乾燥していませんが、
結構反ってきています。
乾燥しきってしまうと、もっと反りそうな感じ…

完全に乾燥するには、4~5日かかってしまい、
その間待ち続けなれればなりません。

楽しみでもあり、不安もある乾燥待ちなのです。

そして、出来上がりを見て何度も口金を調整したり、
色々なパターンを試して、ようやく製品となります。

瓦づくりは、一度にはうまく作れず時間のかかるものなのです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメント一覧 (4件)

  • いいですね
    これはいいですね。

    仕上がり寸法はいくらですか?(厚み・長さ)

    それから、紐部分も全体的に細くしたほうが良かったのでは?
    実物を見ていないのでわかりませんが、のし部分だけが薄いだけではありませんか?
    京都などで見かけるそれは紐も細く綺麗なんですよ。

  • ありがとうございます。
    貴重な意見ありがとうございます。

    正直なところ、プレスしてできた白地を見て
    少し悩みました。
    私の思っていたものよりも紐の厚みが厚いので、
    修繕すべきか悩んでいました。

    横の部分の紐の厚みは、薄くなっているのですが
    のしの上面からの紐の厚みは、そんなに変わっていなかったのです。

    働きは、53で、厚みは、8分ぐらいです。

    貴重なご意見を参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

  • これよこれ!!
    薄紐熨斗!!  かっちょいいです。。

    三州の紐熨斗は、紐が薄く・・元来漆喰で塗り上げた 「こっくり感」 が無いので、しょーもないと思っていました。

    はじめましての会で説明した 京箱の紐の厚みの美しさとか、 淡路には伝統文化の美しさが残っているのです。。。

    他の産地を見て、自分の作り上げてきた美意識が揺らぐようではいけませんぜ。
    文化と伝統は、お互い守っていきやしょう!!

    勿論。。お互いに良い部分は吸収しあい、刺激しあいましょう♪

  • 地域性
    瓦は、その地域によって様々な屋根があるように、紐のしの紐の厚みにも、やはり地域性があるのですね。

    場所場所にあわせたものを作れるように努力します。
    京都で使われているなら、是非見学してきたいです。

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる