小万十のしが出来るまで

これは、小万十のしをプレスしている様子でございます。

半自動プレスで、おば様の技術により造られていて、
荒地の微妙な叩き具合により、良い物が生まれています。

私には、こんな技術は無いので
ほんと、感謝しています。

プレスしたら、すぐにめくそ(余分な部分)を
大ざっぱにですが、ヘラで取り除いていきます。

そして、乾燥棚へと乗せていきます。

  

この瓦は、ゆっくり乾かさないと切れ目がはいるので
のんびり乾燥させます。

そして、乾いたら残りのめくそをヘラと、手袋でやさしく落としていきます。

こんな風に、愛情こめて瓦を造ってます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる