瓦職人


瓦屋は、元気なおばちゃん達で成り立っています。
この人たちが一枚ずつ丁寧に、プレスしてくれます。

機械でプレスするから、誰がやっても同じ?

No! それが違うのです。

プレスと荒地が引っ付いてしまわないように
油の付いた布で綺麗に拭くのですが、
油の量、隅々まで丁寧に型をふけるか、
など、色々とあり
その作業によって、白地の行儀に大きく影響してくるのです。

瓦って聞いたら、鬼師さんとかが職人って感じがするけれど
私は、このおばちゃん達も、ある意味職人なのではないかな
って、思います。

時には、人生の先輩として、
色々な話を聞かせてくれたり
掃除をサボって散らかしたりしていると、
「掃除しろと」叱られることもあります。

こんな元気なおばちゃんも、今年で67歳。
瓦屋で、働いている人は
高齢の人達で、支えられています。

この人達が、ここまでの技術を身につけるまで
どれだけかかったのだろう って、思います。

次に、これだけ出来る人はいるのかな?
こんな事をたまに思います。
しかし、この人達の次には、いないのが現状なのです。

もっと瓦の良さを伝えて
瓦の明るい未来へ繋げて行きたいです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

    • 瓦人
    • 2007.12.18

    やれば出来る
    若い子供達が、「僕は」「私は」瓦業界に就職したい~!!っていうぐらい魅力的な業界にしてやりましょう。まだまだこの業界、瓦人から見れば発展途上ですよ。景気のせいだけじゃない!!出来てないことが多すぎるから、今の窮状を招いている部分もあります。自信をもっていきましょう!!

    • 紐のし屋
    • 2007.12.18

    がんばりましょう
    瓦を作ってみたい 
    そんな業界にしていきたいです。
    もっと頑張るべきですね。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

PAGE TOP