愛情いっぱい


これが、松皮のし の荒地です。
これを金型に入れて、プレスしていきます。

まず、荒地が型に引っ付いて取れなくならないように、
油の付いた布で、型を丁寧に拭いていきます。

仕事をしていても、薬指にを感じますね~
型も、愛情を込めて拭いています。


上型は、拭きにくいけど
手を伸ばして奥まで綺麗に拭きます。

そして荒地をポンと載せてプレス開始!
シュン シュン シュン
と、数回プレスされて、松皮の形へとなっていくのです。

松皮の形になったら、
いがまないように丁寧に、乾燥台車へ載せていきます。

型の拭き方が行儀に左右するので、
どれだけ愛情を込めて型を拭くかが大切な事なのです。

にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる