荒地出し 


これは土錬機(どれんき)という機械です。
この機械に土を入れ、混ぜて真空にして荒地(あらじ)という土をだします。

これは、口金です。
これで、プレスする瓦の形に近い荒地を作ります。
口金の形状で、反ったり、くぐんだりします。
これを土錬機につけます。

口金は、瓦によって異なるので
色々な種類があります。

そして、土錬機から出てきた荒地を
一枚ずつ丁寧に台車にのせていきます。

荒地がうまく出来ないと、
白地を行儀よく作ることができません。

化粧は下地が大事
瓦は荒地が大事

ってとこですかねェ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる