塀瓦ニッポンに新色 古色いぶし 完成

目次

塀瓦ニッポンに新しい色

塀瓦ニッポンに待望の新色登場です。
古色いぶしという今までの焼成方法とは異なる焼き方でできた塀瓦です。
見た目は通常の高級感あふれるいぶし銀とは違い、落ち着いたマットなグレーでどこか懐かしさを感じる塀瓦になりました。

この落ち着いた感じはとてもここらが落ち着きます。
シンプルな形状と主張しすぎない色身が心地よく暮らせる住まいづくりに最適です。

古色いぶし瓦は、変色にも強く末永く愛せる塀瓦です。

いぶし銀との比較

通常のいぶし銀の塀瓦ニッポンと比べるとこんな感じです。
右がいぶし銀の塀瓦ニッポンで、左側が古色いぶしの塀瓦ニッポンです。
いぶし銀には独特の光沢で高級感あふれる塀になります。
古色いぶしは、落ち付きある落ち着いた塀になります。

マットな感じかわいらしい感じです。
ベージュの漆喰壁とよく合いました。
今までにない風合いがとても新鮮。

バリエーションがふえて選べる楽しさ

今まで和のいぶし銀と、渋めの黒いぶし色の2色の塀瓦ニッポンでしたが、新たに古色いぶし色を追加する事で、住まいに合わせた塀瓦を選べるようになりました。
また、黒いぶしと同様に寒冷地での使用も可能となり、今まで使用できなかった地域のお住まいも飾れることができるようになりました。

日本中の住まいを飾る塀瓦をこれからも作り続けていきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

tanikenのアバター taniken 瓦職人

コメント

コメントする

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

目次
閉じる