瓦屋の子供のお手伝い

eef7b8d82c3c5e1b5eb7043d6a3b22a1[1]

これは、敬老の日でお休みの子供たちの様子です。
何をしているかといいますと

f2d0b1bc11da8074f3e5208fc571855b[1]

ダンボールを鎌で一定の大きさにカットしています。
瓦を梱包する際に瓦と瓦の間にあてて、
瓦が傷つかないようにするためのモノを作ってくれています。

e28603a9a3383c7913d65fdacb2998f9[1]

慣れない鎌をつかっての作業です。

6ce00bea8c9ab099ddb4c230c8e28eee[1]

基準のダンボールをあてる事で大きさをそろえています。

795f14f3c5689534bf28c71a0fe93c04[1]

一生懸命頑張っています。

bad3ef4d32020ae7012030f399426a43[1]

出来上がったものをダンボール箱に入れてまとめておきます。
これで仕事がはかどり、本当に助かります。

私の子供の頃は、瓦に新聞紙をあてて結束していました。
その新聞紙を鎌で切る作業を姉と一緒によく手伝いました。
懐かしい思い出です。

瓦屋の子供たちは、工場で色々な事を学びながら育ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.