木の葉のし


古来、人々は「かたち」には力があると考えてきました。

その力を自らのものにするために様々な文様で装飾を施してきたのです。

これは、七宝(しっぽう)という文様を瓦にしたもので木の葉のしといいます。

七宝とは、どこまでも増殖する円形が繁栄、円満をイメージしています。

屋根瓦には、こんな願いもこめられているのです。

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.