天神のし造りの様子 3日目以降

 |  |  | 0

 

237be327bd9ddacb8d5bdb0b2b29b381[1]

天神紐のし作りの様子その後です。
反らすん台に載せた白地は、少し反りましたが物足りない感じでした。

876e3dd1acd06529185c6d75541b4816[1]

何より残念なのが、このひび割れです。
これでは、使い物になりません。
結果、楽していいものは出来ないようでした。

b93797b29c278fa422ec239d7fe03e47[1]

これは、一枚ずつ丁寧にタメを入れたものです。
カッコ良く反りました。

42b8e5243df627711a23a24c76812bd9[1]

一枚ずつ選別します。
手でタメを入れたため、やはり反り具合に差が出ました。
荒地の硬さも影響していそうです。

d5669b27a615ebe04b7771deff4836f7[1]

今度また出番がある日のために細かくノートにメモしました。
物忘れがひどくてもこれで大丈夫。

afbc434605370a17f2ee3c7fae25552c[1]

こんな感じで反っています。
目で実際に見るのと、カメラで写したものを見るのでは違いがありますが、
白地は完成。

da8e448527ff7b7b3fa46506ee896fbc[1]

二枚並べてみると良く反っているのが分かります。

9d1cf0fef513999878e77c2fae772261[1]

これは、焼きあがったものです。
白地で見るよりもいぶし銀の輝くボディーは素敵です。

a2f83506f7eae32f348bfcc6fe13b3db[1]

地域によっては、こんなに反らした瓦を使う所があったり、
地方によって使われる瓦が違ったりもする日本の瓦屋根。

日本の屋根文化は、いいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.