爆弾事件

 |  |  | 2

 

16ce01f201ccd00c24cc71b2a62ccded[1]

「爆弾」
瓦屋には、こんな言葉があります。
爆弾とは、瓦がこのようにまるで爆弾で爆破されたように
粉々、バラバラになった事です。

瓦屋なら誰もが一度は経験した事がある苦い体験です。
私も何年振りかに見る事となりました。
見たくは無かったのですが…

0f9d782d41be298a05cbbf2cbe68f945[1]

瓦は、焼成の際に燻す事により「いぶし銀」の綺麗な色となるのです。
この燻す工程を「コミ」と言い、昔は、松の葉などで燻してコミをしていたのですが、
最近では、生ガスを使用しています。

8a27971a6d4e57218823604fc43e73eb[1]

工場の煙突から黄色い煙が上がっている時は、コミをしている時です。

c8546e7310263037233710b1f74fde04[1]

このコミの量を多く入れると、こんな風に爆弾になってしまうのです。

677b5bb2307a422a1eafa289d02c726d[1]

e15a804d01d09b0721f9f5617f76a6cb[1]

40817c59c38e98fdf5e46c04a82bd931[1]

e3a21d8988bc265777419b6da92ad088[1]

06345c0634ac93060594a666deacb14b[1]

見るも無残な瓦達。
窯の中全部がこんな感じです。

これでは、売り物になりません。
うっかりが、大損へと変わってしまいました。

当分、お漬物にお茶漬けの節約生活になりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

爆弾事件へ2件のフィードバックがあります。

  1. Unknown
    いぶし瓦作りはどんな焼き物よりも難しいと、聞いたことがあります。本当のようですね。

  2. こんなこともあるさ
    瓦つくりは、大変ですね~
    土の変化、気候の変化などいろんな条件で変わってきます。しかし、うっかりは、気を引き締めていないとだめですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.