突撃リポート in 徳島

 |  |  | 0

以前、紐のしを沢山使ってくれた新築の家が
徳島にあるというので見学に行ってまいりました。

その屋根には、紐のし、紐のし、紐のし、紐のし、紐のし・・・・
たっくさんの紐のし達が使われていました。

凄く立派な家で、見とれてしまいました。
これこそ“和の美しさ”です。

紐雁振り、甍万十のし、松皮のし、両紐台面のしで出来た
素晴らしい棟でした。

まだ完成していない家だったので
足場がしてあり、瓦を施工してあるのを
近くで見ることが出来ました。

青空の下、いぶし銀が冴えわたって
家が上品に輝いていますよね。

ほんの少しだけお施主さんとお話しすることが出来ました。

「どうして和風の家を建てようとおもわれたのですか?」
と、訪ねると

「主人が、どうしても瓦葺の家が建てたかった」
と、とても嬉しいお言葉を聞くことが出来ました。

お施主さんは、とても気に入っているようで
嬉しそうに話してくれました。

私は、その姿を見て
瓦作りって、人を喜ばせれる仕事なんだと
初めて気づく事ができました。

和風の家って、素晴らしい

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.