紐雁振はこんな風に使われます。

 |  |  | 0

これは、紐雁振という冠瓦です。

冠瓦とは、棟の一番上に使われるもので
文字通り冠のように棟を覆います。

屋根に葺いたらこんな感じになり
紐丸より幅寸法が広く
重圧さを表現することができます。

紐のしとの相性もいいですね。

紐なしハナ          紐付きハナ

曲がり            両残

紐雁振は、これらを使い塀の上にも
使用することが出来ます。

いぶしの屋根は、夫々の特徴を生かした
個性豊かな棟がある素晴らしいものです。

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.