いぶし銀に魅せられて

 |  |  | 2

は、いぶし銀という色で出来ています。
この色の輝きを見ると、ゾクゾクっとするときがあります。

詳しいことはよく分かりませんが
瓦をいぶす事によって、いぶし銀が生まれています。

を焼いて、いぶすとこんな色になるのがとても不思議です。

焼き物の中で、このような独特の色は
瓦だけのものですよね。

瓦は、手で触ると汚れます。

この素晴らしい色を作り出すためには、
それは仕方の無い事なのです。

いうならば、
“さわれない美しさ”ってとこですかね。

シルバーとは違う、日本の色“いぶし銀”
すばらしい色ですよ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

いぶし銀に魅せられてへ2件のフィードバックがあります。

  1. 燻し銀になりたい
    ‘燻し銀’いい色だし、いい言葉です。

    ちなみに私は、瓦を切った粉が顔につき「お父さん、顔が、ミカンが腐ったようになっとる!」と言われてます。
    ショックです

  2. すごそう・・
    瓦を切るとすごく粉が飛び散りますよね。

    私の知人の屋根屋さんは、切るときに
    粉を吸い込まないよう
    息を止めていると言います。

    なかなか大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.