はじめての陶芸

 |  |  | 0


瓦は“焼き物”
という事で
飛鳥野瓦さん瓦廊さんとで
もっと焼き物を知るために、“淡路焼き”の陶芸教室の門を叩くことに。

はじめて登り窯を見て、感激しました。
カッコイイですよね~ 

窯、陶芸品、教室などを見学して
いよいよ陶芸開始!!

まず、二種類の土をブレンドさせました。
手でこねるのですが、これがなかなか難しい

先生いわく
はじめから簡単に出来たら、おもしろくない !

こんないい言葉を聞けました。

次はいよいよ、ろくろを使うことに!
陶芸と言えば、やはりコレですよね

手の中で土が動いていくのに驚きました。
微妙な力加減で変化するので
土にもの凄く集中しました。

この感覚がなんともいえないものでした

出来上がったのがこの器達です。
ゆがんでいますが、自分で作ったという事に
ものすごく満足し、逆にカッコイイなんて思えました。

三人の器を見比べてみると
それぞれの個性が器に出ているような気がしました。

“淡路焼き”も“淡路瓦”
どちらの焼き物も、眺めて良し、使って良しですね

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.