香美町に、融雪瓦の葺き替えだ!

瓦技術研究会の皆さんで、
兵庫県のかなり上の香美町へ行ってきました。

この辺の屋根は、石州瓦の屋根が多く
淡路瓦とはまた違う瓦屋根の家がたくさんありました。

この町に何をしに来たかというと
ちょうど一年前に、融雪瓦という熱で雪を解かす瓦を
試験的に葺いてあり、その瓦の期限が一年なので
もとの瓦に戻す葺き替え工事に行ってまいりました。

これがその融雪瓦です。
瓦の裏に電気で熱をおくるシートがはってあり、
この熱で雪を溶かすという画期的なものでした。

葺き替えを主に行うのはやっぱりこの人
いぶし男さんですが…

仕事の様子を見かねて、厳しく指導にあたる事に!!

「そんなのじゃ、瓦に笑われている!!」

       ・
       ・
       ・

と、なる予定でしたが、厳しくこき使われる事に…

技術委員の方々も、一致団結で作業しました。

結構時間がかかるのかと思っていましたが
あっという間に元通りに完成しました。

元に戻すのは、少しもったいないなと思いましたが、
見直す点もあるという事で、
実用化するために、この試験をいかして改善してほしいです。

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.