突撃リポート in 近所


ちょっと大味なこの瓦。
輪のしの輪を大きく造られた“二輪のし”です。
この瓦を使ってくれた屋根が近くにあるので、
見学に行ってまいりました。


どんな感じになるのかとドキドキしながら見ると
純和風の家にピッタリあっていました。
普通の輪のしよりも、ちょっぴり大胆な感じでした。

施主さんは、瓦関係の人で
「松皮は多いので、なにか変わったのを探していた」
との事でした。

結構気に入っているらしく、嬉しい限りです。

ふと隣の家の屋根を見ると、紐のしが使われているではありませんか!
淡路島では、普通ののしが多く紐のしは少ないと思っていたので
とても嬉しかったです。

さらに隣を見回すと

これは、こびとの家ですね。

と思うのは、私だけでしょうか?

日本の屋根は、色んな屋根でおもしろい!!

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.