直島へツーリング その2

次は、 「家プロジェクト」といって、
本村地区の古い家屋を改修し、アーティストが家の空間そのものを
作品かしたプロジェクトで、
そこで営まれていた生活や日本の伝統、意識に対峙した空間が
アーティストによって形作られていました。

 

 

本村地区全体がカッコよくデザインされていて、
古い建物のイメージはなく、とても新鮮な感じでした。

古い瓦の屋根は残し、壁の感じを変えるだけで、
こんなにも家ってカッコよくなるものなんですね。

「木造瓦葺の家って本当にカッコ良い」
とても興奮しながら街並みを見学しました。

こんな本葺きのとても立派な家もあり、
観光客も思わず屋根を眺めていました。

嬉しかったのが、やっぱり香川県だけあって、
紐のしが沢山使われてる屋根がいっぱいありました。

この壁は、もともと装飾されていてたものを
修復してありそうでした。
日本建築の良いところを残して、
カッコよく見せているのに感動しました。

こんな塀もありました。
昔からあるものとアートのコラボって、オモシロイ。

ちょっと驚かされたのが、
この塀なんですけれど、
よく見ると、のし瓦で葺かれた塀でした。

アイデア次第で、瓦は色々な使い方が出来るものですね。

何もかもがアートに見えてきます。

またまた驚かされたのがこの屋根です。

紐丸が異様にデカイ!!

土管のようなものが上にのっていました。
屋根ばかり気にしてみている瓦屋だから気づいたのか・・・

普通は気づかないものなのか・・・
疑問は残るけど、オモシロイ!!

こんなに大きなものがのっているようで、
腰をかけるのにちょうどよい大きさでした。

興奮して結構な時間をこの地区で過ごしました。

        
         つづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへにほんブログ村

直島へツーリング その2” への2件のフィードバック

  1. あわぢ 返信する

    Unknown
    ツーリングには良い季節になりましたね!
    ウチは白川郷へ行ってきました。
    日本の建築物って癒されたり和んだり(笑
    僕だけかな??

  2. 紐のし屋 返信する

    癒される
    日本人なら誰もが癒されると思います。
    和むって、“和”ですものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

直島へツーリング その2

次は、 「家プロジェクト」といって、
本村地区の古い家屋を改修し、アーティストが家の空間そのものを
作品かしたプロジェクトで、
そこで営まれていた生活や日本の伝統、意識に対峙した空間が
アーティストによって形作られていました。

 

 

本村地区全体がカッコよくデザインされていて、
古い建物のイメージはなく、とても新鮮な感じでした。

古い瓦の屋根は残し、壁の感じを変えるだけで、
こんなにも家ってカッコよくなるものなんですね。

「木造瓦葺の家って本当にカッコ良い」
とても興奮しながら街並みを見学しました。

こんな本葺きのとても立派な家もあり、
観光客も思わず屋根を眺めていました。

嬉しかったのが、やっぱり香川県だけあって、
紐のしが沢山使われてる屋根がいっぱいありました。

この壁は、もともと装飾されていてたものを
修復してありそうでした。
日本建築の良いところを残して、
カッコよく見せているのに感動しました。

こんな塀もありました。
昔からあるものとアートのコラボって、オモシロイ。

ちょっと驚かされたのが、
この塀なんですけれど、
よく見ると、のし瓦で葺かれた塀でした。

アイデア次第で、瓦は色々な使い方が出来るものですね。

何もかもがアートに見えてきます。

またまた驚かされたのがこの屋根です。

紐丸が異様にデカイ!!

土管のようなものが上にのっていました。
屋根ばかり気にしてみている瓦屋だから気づいたのか・・・

普通は気づかないものなのか・・・
疑問は残るけど、オモシロイ!!

こんなに大きなものがのっているようで、
腰をかけるのにちょうどよい大きさでした。

興奮して結構な時間をこの地区で過ごしました。

        
         つづく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへにほんブログ村

直島へツーリング その2” への2件のフィードバック

  1. あわぢ 返信する

    Unknown
    ツーリングには良い季節になりましたね!
    ウチは白川郷へ行ってきました。
    日本の建築物って癒されたり和んだり(笑
    僕だけかな??

  2. 紐のし屋 返信する

    癒される
    日本人なら誰もが癒されると思います。
    和むって、“和”ですものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.