瓦屋根見学ツアー in 徳島 その2

次の現場は、瓦の仲買いをしている人に教えてもらった場所で、
ここも両紐台面、紐のし、松皮と、こだわった棟を積んでくれている
葺き替えの現場です。

そっと作業する様子を見せてもらいました。

瓦を削ることで舞うホコリも気にせず
施工する姿は、まさしく職人でした。

男を感じました。

ちょうどお昼の休憩になったので、
ちょっとだけ屋根の写真を取らしてもらう事に。

両紐台面、紐のし、松皮で積み上げられた棟を
ものすごく間近で見る事が出来ました。

普段は、単体でしか見ないので、
近くで積まれた棟は、とてもカッコよかったです。

何メートルも規則正しく積まれた棟を間近で見ると、
圧巻ですよね。

改めて瓦の屋根の素晴らしさを感じました。

お施主さんに少しお話をさせてもらうと、

「この家は、70年も前から立っている家で、
 南海地震にも負けずに立っているんですよ」

「立派な柱、良い素材を使った家は、いつまでも長持ちする」

「瓦を葺き替えすることで、
 まだまだ長い間この家で住む事ができる」

と、こんな話を聞かせてくれました。

よい素材で作られた家は、
長い年月住む人を幸せにしてくれるようです。

その大事な家を守るのは、
いぶしの屋根ではないでしょうか。

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.