瓦の歴史を感じれる場所

津井には、こんな風景が所々にあります。

津井は、瓦を作るために必要な良質の粘土が沢山あり、
その粘土を使って瓦の産地へと発展していきました。

これが粘土を取った跡で、今も残っています。

瓦の町の歴史を感じる事ができる場所です。

私は子供の頃、この土の壁の感じがとても好きでした。

この姿は、ずっと変わる事無くここにあり続けています。

昔、ウチの工場の隣にも粘土が取れる場所があって、
父はクワで掘って一輪車で工場に運び、
瓦を作っていたらしいです。

今では考えられない大変な作業ですよね。

「それって、どれだけ取ったか分からないのと違う?」
と思いますよね?

窯に入る瓦の量は限られているので、
ひと窯を炊くとナンボ
という風に値段が付けられていたそうです。

「しかし、何回窯を炊いたか分からないのでは?」
こんな疑問も沸いてきますよね。

これまた驚く事に、
昔は、組合に窯を何回炊いているか
数えに回る人がいたらしく
その人が付けていたので回数が分かったそうです。

この土の壁から、
いろんな瓦の歴史が蘇ってきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

瓦の歴史を感じれる場所

津井には、こんな風景が所々にあります。

津井は、瓦を作るために必要な良質の粘土が沢山あり、
その粘土を使って瓦の産地へと発展していきました。

これが粘土を取った跡で、今も残っています。

瓦の町の歴史を感じる事ができる場所です。

私は子供の頃、この土の壁の感じがとても好きでした。

この姿は、ずっと変わる事無くここにあり続けています。

昔、ウチの工場の隣にも粘土が取れる場所があって、
父はクワで掘って一輪車で工場に運び、
瓦を作っていたらしいです。

今では考えられない大変な作業ですよね。

「それって、どれだけ取ったか分からないのと違う?」
と思いますよね?

窯に入る瓦の量は限られているので、
ひと窯を炊くとナンボ
という風に値段が付けられていたそうです。

「しかし、何回窯を炊いたか分からないのでは?」
こんな疑問も沸いてきますよね。

これまた驚く事に、
昔は、組合に窯を何回炊いているか
数えに回る人がいたらしく
その人が付けていたので回数が分かったそうです。

この土の壁から、
いろんな瓦の歴史が蘇ってきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.