犬小屋プロジェクト その2


壁にペンキで色を塗ります。

そして、待望の屋根をつくります。

もうお分かりですね。
二階建ての犬小屋です。さっそくポチも上がっています。

板をはって、やっと完成の様子が見えてきました。

屋根にニスを塗って、
は~い完成。

ちょっと頭デッカチですが、なかなか立派な犬小屋だ。

欲を言えば、壁の茶色が失敗かな…

「瓦は、拭いていないがニスでなんとかいけるだろう」
この頃の私は、もうめんどくさくなり、
「きっと大丈夫だろう 犬小屋だしネ」
「瓦拭いたら、ブログ載せなアカンしネ」
と、思っていました。

時は、流れ数ヵ月後…
屋根の板が、雨で濡れ、お日様にあたり、
気がつけば屋根は、歪んでしまいました。

「やっぱり屋根には、瓦だよ」

今更ながら気付かされました。

今回使用するのは、のし瓦。

「屋根全部をのし瓦でやっちゃおう」

適当な思いつきで施工開始♪

まず、ドリルで穴を開けていきます。

そして、ビスで一枚ずつとめていきます。

至ってシンプルな屋根だ。

気がつけば、半袖、麦わら帽。
すっかり夏ですね~

間隔を計りながら葺いていきます。

今度こそ、やっと完成。

長い月日が経ちましたが、大事なものに気付かされました。

日本に一戸だけの犬小屋だ。

のし瓦だけでも屋根になる。

ちょっと、のし屋の意地を魅せちゃいました。

(内緒ですが、ちょっと雨漏りする)

完成した犬小屋の様子を紹介します。

玄関は、二階への階段となっています。
トントンと、上がったり下りたり。
予想通り上る姿を見た時は、自分に酔いそうでした。

この二階は、なぜ作ったかといいますと、
犬は、暑さに弱い生き物なので、夏場の事を考えて影をつくり、
風通しがよく、地面からの照り返しを避けるためのものなのです。

本当は、タイルでなく敷き瓦を使いたかったのですが、
たまたま余っていたタイルがあり使用しました。

タイルは、お日様が直接あたると熱を持ちますが、
屋根の下にある事でひんやり涼しくなります。

横の壁は、開閉する事ができます。

お掃除する時って結構大変なので、
これで簡単お手入れ。

それと、生き物を飼っていたら訪れる別れの時、
「死後硬直して、入口から出せない」
こんな時もこの扉にお任せ。

二階で寝転ぶポチの姿を見たら、
「あ~作ってよかった~」
と思えました。

人も、犬も快適に暮らせる家は、大事ですよね。

お日様や雨から家を守る屋根って、一番大事だと思います。

犬小屋プロジェクトで、改めて屋根の大事さに気付かされました。

犬小屋プロジェクト その2” への2件のフィードバック

  1. しんママ 返信する

    Unknown
    初めまして! 「しん君!ここに参上!」の しんママと申します(*^∇゜)

    ワンちゃんのお家が とっても素敵☆だったので
    思わずコメント♪しちゃいました^^

    2階建ての 夏でも涼しい快適なお家ですネ!
    ワンちゃん(ポチクン?)幸せ者!ですね~\(*^▽^*)/

    あ、瓦の素晴らしさも 勉強になりました(^-^ )

  2. ひのもしや 返信する

    ワンコ
    はじめまして♪
    ワンコのために頑張りました。
    愛犬って家族のようなものだから、
    長生きさせてやりたいですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.