伊勢箱を追っかけて IN 関編

伊勢箱を追いかけて関にやってきました。
ここは、東海道の宿場町の面影が残った場所です。

どこか懐かしい感じの家が立ち並び、
見ているだけで、心が落ち着きます。

もちろん屋根には、伊勢箱が葺かれていました。

のんびりと泊まれそうな宿です。

紐のしも使われていました。

ここの郵便局は、こんなに風になっていました。

この長い建物は、だんじり小屋でしょうか。

ここにも伊勢箱。

立派な神社もありました。

こんなにお洒落な銀行で、
街並みに溶け込んでいました。
小判とか貯金してそうです。

ブラブラと歩いていると、こんな樽屋さんが実演販売 ?! していました。
樽を一生懸命作っているおじさんの姿、すべてが街並みに溶け込んでいました。

伊勢箱を追いかけて三重県にやってきて、
いたるところで葺かれているのを見れました。

三重県には、三重県の瓦屋根のオモシロさがあり、
また瓦の奥の深さに気づかされました。

ご当地屋根は、オモシロイ。

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.