こんなの焼きました

今日は、こんな瓦を焼きました。

箱のし です。

別名が、大名のし と言われています。

もの凄い名前ですよね。

のし瓦の面を厚く見せたいために、垂れを付けて箱状に造られた瓦です。

この瓦を使うと、平成の大名になれるでしょう。(よくわかりません)

これが窯から出てきた所です。

この棚から、傷がつかないよう丁寧におろします。

雑なおろし方をすると、欠けたりすることがあります。

せっかく瓦になったのに欠けてしまうと、捨ててしまわなければなりません。

こんな気配りをしながら瓦は作られています。

棚がちょっと傾いて見えるのは気のせいですよ。

にほんブログ村 住まいブログへ

こんなの焼きました” への2件のフィードバック

  1. ジャック・バウアー 返信する

    好評
    紐のし屋さんの「箱のし」は 紐のしでなくても 好評です。 寺社仏閣の 隅・降棟のあおり部に使うには打ってつけだからです。これからも頑張って下さい。

  2. ひものし屋 返信する

    お世話になっています。
    はい。ありがとうございます。
    これからも、真心こめて造っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.